ゲルソン療法の朝食|スチールカットのオートミール


ゲルソン療法の朝ごはんは、たっぷりのオートミールをいただきます。


オートミールには、ロールドタイプとスチールカットがあるのですが、ゲルソン仲間の間でも好みが分かれていて、私は断然、スチールカットタイプが好きです。

こちらの画像は、スチールカットのオートミールに、レーズンを水で戻したもの、そしてりんごペースト(りんごを煮てペーストにしたもの)を添えています。

ロールドオートミールは、グラノーラなどに使われる平べったいタイプ。

短い浸水でも柔らかく、優しいオートミールに仕上がります。

私は歯ごたえがある方が好みなので、プチプチとした食感のスチールカットを選んでいます。

アイハーブで購入できるスチールカットのオートミール

スチールカットのオートミールはアイハーブで購入しています。

2種類をご紹介していますが、どちらも美味しかったですよ。

以前はBob's Red Millのスチールカットオートミールを買っていたのですが、日本に代理店ができたためiHerbでは買えなくなってしまったので、こちらの2つを見つけました。

オーガニック・スチールカット(Country choice Organic)


スティールカットオートミール(McCann's Irish Oatmea)


日本のアマゾンで購入するならボブズレッドミルがいいと思います。

オートミールはミルクで煮るものだと思って敬遠していましたが、ゲルソン療法ではシンプルに水で煮込みます。

これが優しいお味で、とても美味しいです。

オートミールの栄養

ゲルソン療法でうまく結果が出ないときに「毎朝、たっぷりのオートミールを食べているか」というチェック項目があります。

オートミールは、ゲルソン療法にはなくてはならない食材ですね。

乾燥した40gのオートミール(1食分)を煮込むと、タンパク質5g、食物繊維4gがとれます。

うちでは、お米の代わりにスチールカットのオートミールでお茶漬けやリゾットを作ったりもします。これは塩分を含むので、ゲルソン療法では使えませんが、より栄養価の高い主食としてオートミールは良い選択だと思います。

こちらは、ゲルソン療法の朝食です。


柑橘系のジュース、オートミール、水で戻したレーズン、プルーンのコンポート、はちみつ、メープルシロップ、生の果物。そして無塩のライ麦パンはおまけです。

#ゲルソン療法 #スチールカットオートミール #オートミール

32回の閲覧

©2017 by Healing Kitchen

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon