家族3人で12日間のゲルソンチャレンジ〜今回のルールについて


13歳の息子を含めた家族3人で、12日間、ゲルソン療法の食事を実行してみましたのでそのレポートです。



(こちらは私のゲルソン朝食。スチールカットのオートミール、プランプ・レーズン、フルーツ、ジュース、といったオーソドックスなメニューです)



今回のゲルソン療法のルールについて

ゲルソン療法のルールといっても、いわゆるがん患者さん向けの治療として採用される一日13杯のフルセラピーを実践したのではありません。


今回のルールは以下の通り。


  • 1日3〜6杯のジュース

  • ジュースは必ず搾りたて

  • ジュースの回数に合わせたコーヒー浣腸(主人と私だけ。息子はなし)

  • 完全無塩食

  • サプリメント(甲状腺系はなし。消化器系、肝臓系を採用)

  • 野菜、果物の選別はゲルソンルールに従う



ジュースについて

ジュースは、ノーウォークジューサーで絞ったコールドプレスジュースで、レシピもゲルソン療法にしたがって、人参とりんごのジュースがメインです。


朝は、オレンジやグレープフルーツの柑橘系のジュース


(オレンジだけのジュースは甘すぎるので、私はグレープフルーツとオレンジのミックスにしています。シトラスジューサー で手絞りなので、意外とこのジュースは手間がかかります)


グリーンのジュースは今回は断念。どの材料もオーガニックでまったく手に入りませんでした。


後のブログで書きますが、これが今回、あまり結果が出なかった理由の一つではないかと思っています。


8月は人参とりんごが季節外れで、オーガニックの人参を手に入れるのに苦労しました。


余計に予算がかかってしまいましたが、せっかく主人が「ゲルソン療法をやってみたい」と言って人参代の1万円をくれたのでトライすることにしました。


ジュースは作り置きをせず、搾りたてにこだわりました。




コーヒー浣腸について

私は習慣にしているのですが、ジュースとセットで主人がコーヒー浣腸をするのは初めてのこと。


解毒の強さと肝臓への負担を考えると、ぜひ主人には3回のジュースにつき1回の浣腸はトライして欲しいのですが今回、実現しました。



(これはコーヒー浣腸4回分の濃縮液。1リットルに薄めて温度調整をして使います)


私たちと同じ回数のジュースを飲みましたが、13才の息子はコーヒー浣腸はなしで。


息子が浣腸をしないことを考えると、ゲルソンチャレンジの日数を12日間に抑えるのは妥当かな、と思いました。


主人は潰瘍性大腸炎の既往歴があり、一昨年、病院からは寛解したと診断があったにせよ、コーヒー浣腸は懸念事項のひとつではあります。


慎重に進める必要がありました。



完全無塩食

ゲルソン食は、塩を使いません。


ざっと、メニューなどをご紹介しますね。



(ヒポクラテススープを仕込んでいるところ。これから蓋をして煮込みます)



(右手は煮野菜。スライスした玉ねぎ、みじん切りのにんにく、ズッキーニ、かぼちゃです)



(ゲルソン食の火加減は、弱よりも少し弱く。1時間から2時間ほど、ゆっくりと時間をかけて煮込んで野菜の旨味を出していきます)