食べてクレンズする!3日間のゲルソン療法総合ワークショップの食事メニュー|体感する解毒反応とは?


今回のゲルソン療法総合ワークショップ(3日間)のクライアントは、「食べてクレンズしたい」という目的で受講されました。

ファスティング(断食)でデトックスは経験済みですが、「食べることでデトックスする」体験を味わってみたい、ということでした。

ワークショップの内容はテキスト通りなので、「ゲルソン療法とは?」の基礎から、食材とその扱い方、レシピの実習、治癒のメカニズム、サプリメント、補完療法(クレイやひまし油ほか)、治癒反応について、と、内容はフルコースです。

最初に、ゲルソン療法総合ワークショップではどんなものを作って食べるかをご紹介しますね。

ゲルソン食のご紹介(1日目)

こちらは1日目のお夕飯用のお持ち帰りお弁当です。

基本的にその日のランチを詰めますが、内容は、人参とりんごのジュース、ヒポクラテススープ、玉ねぎとズッキーニ・コーンの煮野菜、サラダ(上の赤いのはパプリカではなくて赤ピーマン)、2種類の焼きジャガイモ、水に浸したレーズン、フラックスオイル、バルサミコ酢です。


ゲルソン食のご紹介(2日目)

こちらは、2日目の朝ごはんです。

スチールカットのオートミール、ピンクグレープフルーツの生絞りジュース、プラム(貴陽)、レーズン黒イチジクのコンポート、です。

貴陽は沖縄で1個700円くらいもしましたが、今年は2個で600円ほどとなったので買ってみました♪

ゲルソン療法では、朝の1杯めだけ、柑橘系のジュースを飲むのですが、3人分で6個のグレープフルーツを絞るという贅沢!いつもこの朝食をいただくときは、姫にでもなったような気分になります♡


こちらは、2日目のランチです。

グリーンのジュース、ヒポクラテススープ、グリーンのサラダにマンゴーのビネグレット、玄米のライスサラダ、玉ねぎ・アスパラ・冬瓜・コーンの煮野菜、少しの水で煮たかぼちゃです。


ゲルソン療法のグリーンジュースはあまりストイックではなく、飲みやすいお味に仕上がります♪

今は南半球がりんごの旬なので、ジュース用にはジャズというオーストラリアの品種を使っています。

ゲルソン食のご紹介(3日目)

こちらは、3日目の朝ごはんです。

スチールカットのオートミール、オレンジジュース、レーズン黒イチジクのコンポート、水に浸したレーズン、煮りんご、なし(幸水)。

白、黄色、黒と地味な色ですが、、美味しかったです♪


こちらは、3日目のランチ。