©2017 by Healing Kitchen

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

コールドプレスジュースの人参はきちんと消毒



ゲルソン療法の人参とグラニースミスのジュース

人参とりんごの季節ですね。


長野県の栽培期間中農薬不使用のグラニースミスが手に入る時期なので、スムージーよりはコールドプレスジュースが多くなります。


ゲルソン療法では、コールドプレスジュースを搾るとき必ず材料を消毒をします。


ゲルソン療法のサプリメントであるルゴールを使うのですが、日本では手に入りにくいので、過酸化水素水で代用できます。


保健室にあった、オキシドールです。



人参はオキシドールで消毒する


根菜類は地面に生えているので、土のバクテリアなどが付着していることがあります。


きれいに洗って販売されていても意外と、菌やウイルスに汚染されています。


空気中にもウイルスやバクテリアがいるので、保管中に感染することもあると思います。



こちらが、オキシドールに10分ほど浸した人参です。


白く泡立っているのが、消毒された証拠ですね。


これを浄水でよく洗い流してからジュースにします。


健康なら多少、バクテリア入りのジュースを飲んでしまっても体内で対応できますが、ストレスが溜まっていたり、疲れていたり、病気がちだったり、まして患者さんでしたら大きなリスクとなってしまいます。


土壌や腐葉土には、レジオネラ肺炎の原因となる菌が生息していることもあります。


ローフードの講座でもお伝えしているのですが、私はサラダのレタスを洗うときも消毒をしています。


生の衛生管理はきちんと、ですね。




これは、ノーウォークジューサーでプレスしているところ。




ジュースの保管は密封して


基本的に、「コールドプレスジュースは搾ったらすぐ飲む」が原則ですが、人参とりんごのジュースに限っては、4時間まで保管OKというルールがあります。


その場合も、空気になるべく触れないように、容器のギリギリまで注いできっちりと蓋を閉めます。



メイソンジャーは内蓋をリングでプレスして閉めるので、密封性が高く、ジュースの保管に向いています。



ゲルソン療法体験講座のご案内


2020年1月15日(水)13時よりゲルソン療法の体験講座がございます。


体験講座では、ノーウォークジューサーで人参とりんごのジュースをしぼり、ゲルソン療法の基礎についてしっかりと学びます。


この講座で、ゲルソン療法を俯瞰して理解していただけると思います。


がん治療だけでなく、がんを予防する食生活、ライフスタイルを学ぶにも、ゲルソン療法は素晴らしい知恵を与えてくれます。


詳しくはこちらのページをご確認ください。




#人参ジュース #ゲルソン療法 #ゲルソン療法体験講座 #沖縄 #コールドプレスジュース #ノーウォークジューサー